スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印度屋らんがる

いらっしゃいませ。
印度屋らんがるのブログへようこそ♪

印度屋らんがるは、インド人と日本人の夫婦で経営する印度料理屋さんです。
旦那様は「ラナさん」妻は「シャンティ」と、皆様に呼ばれております。本名ではありませんよ♪ニックネームです。
さてさて、お店の場所ですが。。
勝田駅東口の駅の目の前のクリーム色の三階建ての雑居ビルの2階にあります。
インドの国旗が目印です。

狭ーい階段を一段一段上って行くと。。。。
正直、あまり広いお店ではないです。
とても小さな小さな印度料理屋さんです♪

小さな印度料理屋さんですが、24席ございますのでご安心ください。

お店で提供する料理は、主に北インド料理です。

北インドといえば!「タンドール窯」の発祥の地、パンジャーブ地方!!
ラナさんは、北インド人ですので、タンドールを扱うのがとても上手です♪
でもね。ラナさんが料理の勉強をしたのは、インドの大都市「ムンバイ」なのです!!
料理の修業といえば、インド人は大体「ムンバイで料理人になる!!」と、夢を持って地方から出てくる方が多いそうです。
有名なホテルがたーくさん。インドのボリウッドスターも沢山いる場所。有名企業も沢山。
とても丁寧なお仕事をしないと、出世できないそうです。。。

インド人料理人への第一歩は。やはりどこの国でも一緒でしょうが、皿洗いからだそうです。
そして、野菜をカットしたり、肉をカットしたり。。。いろいろな修業を得て、タンドールにたどり着きます。

ここからが、大変な修業!!
あの、あつーーーーーーーーいタンドール窯に手を入れナンを何枚も何枚も何枚も、ぺたぺたぺたっと。
やけどの跡も沢山でき、とてもつらいそうです。
そんな修業を得てからやっとこさ、グレービーに!!グレービーとは要するにカレーのソース作りです。
ここまで来たら一人前!!
でも、勉強の終わりに師匠に最後に頂いた言葉があるそうです。

「料理の勉強に終わりはないぞ!!日々勉強だぞ!!」と。。。

そんな思いを胸にしまい、日本に来日し、今では念願の自分の店を持ったラナさん。
毎日、ナンを大量の小麦粉を一人でコネコネし、大量の玉ねぎをタンタンタンとカットし。
大きなお鍋で、ぐつぐつと美味しいカレーを作っております。

時々つらいことがあっても、「あの師匠の言葉を思い出すと頑張れる」
と、語っております。。。



そんな、インド人ラナさんの美味しい印度料理を是非、食して頂ければ、夫婦共々幸いでございます。
スポンサーサイト
プロフィール

しゃんてぃ

Author:しゃんてぃ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。